【パソコン処分の方法】パソコンの捨て方、手順を解説します

パソコンその他

・パソコンってどうやって捨てるの?

・データはどうしたらいいの?

・気をつけることは?

古くなったパソコン。

壊れてしまったものや、もう使わないものありませんか。

処分できずに、家の片隅で眠っている。

そういう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

パソコンは気軽に捨てることはできません。

ここでは、安心して安全にパソコンを処分する方法を説明します。

スポンサーリンク

パソコンを捨てる前に注意すること

パソコン

パソコンには大抵、記憶装置(ハードディスク、SSD)が内臓されています。

みなさんもパソコンを使用した際に、アプリやファイルなどを保存すると思いますが、この大量の情報を保存しておく場所になります。

・そのまま捨ててしまうと、個人情報等の機密情報が漏洩してしまう可能性がある。

・データを消去しても、悪意のある第三者にデータを復元されてしまう可能性がある。

・パソコンは資源有効利用促進法という法律により、メーカーによる回収とリサイクルが義務付けられている。

粗大ゴミで捨てるのはもちろんのこと、不法投棄はNGです。

パソコンのリサイクル(経済産業省)

スポンサーリンク

パソコンを処分する方法

パソコン裏

パソコンを処分する方法として以下のルートがあります。

1 買取店等で売却

2 回収業者へ処分を依頼

3 新しいパソコンを買って下取りに出す

4 自治体の回収ボックスに捨てる

5 第三者に譲る

どの点でも注意したいのが、上記の情報の漏洩です。

買取や業者に回収を依頼、下取りの場合は、データの完全消去について、事前に確認しましょう。

また回収ボックスに捨てる場合や第三者に譲る場合は自ら消去する必要があります。

パソコンを引き取ってほしい方は国が認定した『パソコン/小型家電の宅配便回収サービス』を利用すると便利です

【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>

パソコンのデータ消去方法

ハードディスク

パソコンデータ消去用のソフトを使う

パソコンがまだ使用可能な場合、ソフトを使う方法があります。

ファイル等をゴミ箱に捨てて消去したり、初期化するだけではまだデータの復元が可能です。

専用ソフトを使って、完全に抹消しましょう。

パソコンのハードディスクを外す

記憶装置を外してしまえば、読み取ることはできません。

マザーボードを分解し、ハードディスクを取り外してください。

ケーブルを外すだけですので、そんなに難しいものではありません。

取り外したハードディスクは、新しいパソコンに繋げることも可能です。

ただハードディスクも捨てたい場合は現実的ではありません。

その場合はハードディスクを破壊するなどして、読み取りを不可能にする必要があります。

破壊しても怪我をする場合もありますし、確実壊さなければいけません。

パソコンを破壊するやり方も

以上が自らで実践できる方法になります。

他にも磁石で取り外したハードディスクを破壊する方法があります。

しかし、完全に破壊するには強力な磁石が必要となります。

入手が困難なものになりますので、磁石での破壊は現実的ではありません。

専用ソフトで完全にデータを消去するか、ハードディスクの読み取りを不可能にする必要があります。

パソコンの処分は業者が安心

パソコンは手順さえ追えば、自分で処分することも可能です。

しかし素人にはハードルが高い上、不安がつきまといます。

データ流出との天秤にかけると、やはり業者に頼む方が安全でしょう。

環境省・経済産業省から認定を受けた「小型家電リサイクル法」の認定業者「リネットジャパン」がオススメです。

  • 全国の宅配回収
  • 箱に入れば、パソコン・小型家電何点詰めても1箱分の料金
  • 壊れていても、古くてもOK
  • パソコンのデータ消去ソフトもご希望の方に無料で配布。データ消去が不安な方には「お任せ安全消去サービス」  (有料:3,000円/1台 消去証明書付き)もあり
  • 回収対象品目は、パソコンから携帯電話・カメラ・ゲーム機・キッチン家電など400品目以上! 家電4品目(テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコン)を除く、ほとんどの家電が対象。  ※乾電池、石油・灯油を利用したストーブは対象外。
【国認定】不用PCの宅配便回収<リネットジャパン>

まとめ

いかがでしたか。

パソコンの処分は、法律で規制されていますので、粗大ゴミ等で捨てることはできません。

選択肢としては、業者に回収を頼むか、買取店で引き取ってもらうか、自分で廃棄する方法があります。

どの場合もパソコン内のデータは完全に消去しなければなりません。

それぞれに合った正しい方法で処分しましょう。

この記事を書いた人
フリーライター

スポーツライターから
結婚式場→不動産店。
LIFEライターとして活動開始。

自身の経験から生活に役に立つ情報を発信します。

フォローする
スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
DD LIFE

コメント

タイトルとURLをコピーしました